お知らせ

【要Check!】
会員のみなさまにイベントやコンテスト情報など「耳寄り」な情報をお届けいたします。

 

 

 

ご利用方法

ログインしていません。ログイン または 会員登録

HR/HM

ROCK/BLUES

GIRLS ROCK

JAZZ

Repair&Maintenance

スケジュール(プレミアム・コース、単体コース)

講師紹介

★東京メタルシティ / METAL
2019年、『よりメタルが愛されるように、好きなことが楽しくやれるように』という理念のもと、Twitter上にて架空の都市『東京メタルシティ』を設立。メタル愛を中心に、ギターのことや音楽のことを幅広く発信しています。大事にしていることは『愉快』でいられるように真面目に取り組むこと。

ギターも音楽も、ちょっとした考え方が大事だと思っています。

初代市長(中の人)はキャリア15年以上のプロギタリスト。メジャーアーティストやタレントのサポート演奏、レコーディング、テレビCMなどの楽曲制作も幅広く携わっています。有名なチョコのcmとかも、プロギタリストとしてメタル以外のジャンルでも幅広いアプローチを培ってきたからこその、より一層『メタル』なアプローチをお届けしていきたいと思います!:-)

★梅ノゆり / GIRL’S ROCK
東京出身。ギタリスト・作詞作曲をメインに活動。2019年夏に解散したガールズバンド〝Milkey Milton〟では、渋谷GUILTYワンマンライブで250人動員を始め、渋谷eggmanを拠点に主催やワンマンライブを行う。

また、新宿ユニカビジョンでMV放送やCD制作する為のクラウドファウンディングでは、目標額の175%達成し注目を集めた。渋谷TOWER RECORDインストアライブやツアー経験あり。

個人活動では様々なアーティストのサポートの活動をしている。ギターストラップメーカー『Right On!』HPサイト掲載。バンドリ!のモーションキャプチャーや湯浅弘章監督の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』や映画オリジナル単行本記載、舞台演劇のBGM制作など幅広く活動をしている。

★鈴木洋一 / JAZZ
1986年、埼玉県生まれ、高校一年生の夏にギターを始める。

21才の時にクラシックとジャズを学ぶためバークリー音楽院に留学。Richie Hart氏に出会い、ジャズギタリストになることを決意。卒業後、2011年に帰国し、Kenny Burrellのバンドでも活躍していたベーシストのStan Gilbert氏と出会い、Stan Gilbert East West Bandに加入、2年間赤坂Keiを拠点にライブやセッションを行う。

その後2015年にMahogany Organ Allstarsに加入、2017年7月にはオーストリアのウィーンジャズフェスティバルに出演。同年8月は札幌ノースジャムに出演、チック・コリア、スティーブガット氏と共演する。同バンドにて2017年4月に1st Album「Date With MOA」2018年6月に2nd Album 「100 Landscapes」をリリース。2nd AlbumのリリースライブではMotion Blue Yokohama、渋谷J’z Bratにて行い好評を得る。

現在も同バンドの活動を続けながら、オルガンバンド、歌手のサポート、ソロギターライブも定期的に行っている。

Instagram【Solo Guitar 等】https://www.instagram.com/yoichi_sologuitar

★中前議晴 / ROCK, BLUES
高校入学時よりギタリストの伊藤英明氏に師事。ギターの基本からバッキング・ソロ等、様々なテクニックを学ぶ。

松本孝弘氏やSLASH、ZakkWylde等に影響を受け高校卒業後に上京しMI JAPAN東京校入学。

在学中は小林信一 (地獄カルテット) や大橋隆志 (ex.聖飢魔IIジェイル大橋) 、三宅庸介 (ex.Terra Rosa) 、大谷レイヴン (MARINO) など日本を代表するギタリストから学びPaul Gilbert(MR BIG)来日時にはセッションも経験。

同時期にヘヴィロックバンド【REVOLT】を結成、精力的に様々なイベントに参加、TV番組・ラジオでもバンドの曲が放送される。音楽雑誌Playerでは「US直系サウンド」「日本人離れ」の楽曲とし紹介される。 バンド解散後は様々なバンド、アーティスト、モデルのライブサポートや作曲、編曲を行うかたわら、バンドマンの為のポータルサイト、「エレキギターニュース.com」へライターとして記事の執筆。 ギターインストラクターとしては、コーチ・ユナイテッドやシアーミュージックでも指導を行う。

Jimi HendrixやStevie Ray Vaughan、John Mayerなどのブルースギタリストからの影響を受け現在のスタイルに至る。ギタリストとして様々なライブ・セッションに参加する一方、ギターインストラクター、YouTuberとしても活動。YouTubeチャンネル登録者数62,000人、総再生数 1,500万再生、2020年には自身の楽曲「Awakening/Herelam」「THIS IS My STORY」「World Ends」をリリース。

ORGANIZER

 

rootssound organazer / HARU

みなさんRootsSoundの世界へようこそ!
ギタリスト、このコンテンツのOrganizerの中前議晴です。

私は日頃からプライベートレッスンやYouTubeなどで、私の経験に基くギターのテクニックの習得・ギターの楽しみ方をお伝えしています。

しかしながら、逆を返せば「中前スタイルのみ」になってしまいます。

ギターはジャンルや奏法、考え方、アプローチなどなど、色んな見方があります。

そこでRootsSoundでは色々なギタリストの魅力にも触れていただき、良いと思ったものをドンドン取り入れていって欲しい!

という思いから作ったコンテンツです。

自分に合うギタリストや課題を見つけ、モチベーション高くギターを楽しんでください!

効果的活用法

①好きなジャンルや先生の中から「かっこいい」課題を見つける
どんなに効果的な練習だったとしても、まずは「弾いてみたい!」と思えるフレーズでないと身になりません。

②レッスン動画とTAB譜を活用して練習
レッスン動画には必要に応じてTAB譜を用意してあります。
動画で講師の手元を、TAB譜でポジションを確認しながら練習しましょう。

③バッキングトラックも活用する
課題曲にはバッキングトラック(カラオケ音源)も用意してあります。フレーズが弾けるようになってきたらバッキングトラックを使って練習してみましょう。まるでどこかのバンドのギタリストになったかのように興奮するはずです!

④練習成果を披露
RootsSoundではTwitterを利用し会員のみなさんと練習の成果を共有しています。共有することにより、練習へのモチベーションを高く保つことができますし、自分の演奏が他の会員のみなさんの励みともなります。「#RootsSound講師名」(例 : #RootsSound鈴木) でつぶやくと、投稿動画に講師からのひと言アドバイスやコメントがつくことも!

⑤講師に直接質問ができるQ&A生配信
掲載している課題についての質疑応答のための生配信を、講師陣が週代わりでおこないます。
練習している課題で分からないことがあればそのままにせず、担当講師の生配信へ参加→疑問をぶつけてください(プレミアムコースにて配信)。

よくある質問

Q. 初心者向けですか。

A. 当サイトは初心者から中・上級者まで楽しんでいただける仕様となっております。たとえば、デモ演奏もまず講師が譜面に忠実な演奏をした後、講師独自の応用演奏例をプレイしており、初心者は譜面通り、中・上級者は応用例をコピーしていただけます。

Q.  ライブ生放送は誰でも参加できますか。

A. プレミアムコースにご加入された方はすべての生放送(月4回)、単体コースの方は選んだコースの生放送(月1回)にご参加いただけます。生放送をご参加いただくには、ご自身でコンピューターやスマートフォンなどのデバイスをご用意ください。

Q. 毎月、どれくらいの動画が更新されるのですか。

A. 月によって異なりますが、基本的には各講師が毎月動画を更新してまいります。

Q. 講師の方は入れ替わりがありますか。

A. 基本的には講師の変更は予定しておりませんが、新規に新しい講師が加入する見込みはございます。

Q. ジャンルも増えていくのですか。

A. ジャンルはお客さまのご要望に沿って、随時更新していく予定です。

Q. 毎月のカード決済日はいつですか。

A. ご加入日の日付がそれ以降の決済日となります。

Q. 一般コースからプレミアムコースへの変更(またはプレミアムコースから一般コースへの変更)はできないのですか。

A. 現状、サイト上での変更はできません(システム準備中)。コース変更をご希望の方は、決済日の5営業日前までにお問い合わせフォームよりご相談ください。個別にご対応いたします。営業日は平日10:00-18:00(年末年始・祝祭日を除く)。

Q. 退会はどうすればいいのですか。

A. 現状、サイト上での退会手続きは行なっておりません(システム準備中)ので、ご自身の決済日(加入日)の5営業日前までにお問い合わせフォームよりご連絡ください。こちらで退会の手続きを行った上で、メールにてご案内いたします。

CONTENTS

アーカイブ

Enjoy!